So-net無料ブログ作成

『カズ語録 不屈の魂が身につく218の言葉』/三浦和良(プロサッカー選手) │サッカーNOW!│

スポンサードリンク



こんにちは、今日のサッカーの話題は、
「『カズ語録 不屈の魂が身につく218の言葉』/三浦和良(プロサッカー選手)」
というものがありました。

内容を読んでみると、

     
 この本は、1982年にブラジルに渡る前から現在にいたるまで、30年以上にわたる僕のサッカー人生で発言してきた言葉をまとめたものです。

 きっかけは、2011年3月29日、東日本大震災復興支援チャリティーマッチがんばろうニッポン! で決めたゴールだった。

 僕はサッカー選手として、ゴールの持つ重みを感じてきた。いろんなゴールを決めてきたけど、チャリティーマッチのあのゴールで、自分のあげる1点がどれだけの意味を持つかということを、本当に改めて思い知ったんだ。

 サッカーはゴールだけじゃなく、すべてが大事だ。それでも、1本のゴールがみんなの心に刻まれるんだということを、すごく教えられました。

 「カズさんのゴールとメッセージに励まされた」というたくさんの声が寄せられた。そこに、僕の言葉を集めた「日めくり」を出しませんかというオファーがあって、『KAZU魂のメッセージ 底力』 (PHP研究所)が出た。うれしいことに、「もっと多くのメッセージを読みたい」という声がまたたくさん届きました。

 僕の言葉を集めた『蹴音』(ぴあ)という本が出ている。それに最近の発言を加え、新たな形で文庫化しませんか、という話になった。

 僕は自分の経験とか自分に起こっていること、その時の感情とかを、そのまま言葉にするタイプだ。インタビュー前に資料をもらうこともあるが、勉強嫌いなので、あまり読まなかったりする(笑)。ズバッと聞かれ、パッとひらめいて、自分の言葉が自然に出てくる感じかな。

 そういう言葉があんまり重くなり、影響力を持ちすぎるのは申しわけないし、一つひとつの言葉に責任を感じる。だいたい僕は、人に教えるとかいうことを、ほとんどしないんです。一方で、言葉が本になると「結構いいこと言ってるじゃん」と、自分の言葉に自分で酔ったりするんですけどね(笑)。

 でも、僕の言葉で「励まされました」「救われました」と言われるのは素直にうれしい。僕の言葉に嘘はないし、自分が本当に経験してきたことだけを言ってますから。

 僕にその経験をさせてくれるのは、ファンのみなさん、読者のみなさん。だから僕は、みなさんから励まされて成長してると思っています。

 そんな自分の言葉が、逆に多くの人の励みになるならと、発刊を決めた。言葉も改めて自分自身で選び直しました。

(PHP文庫『カズ語録 不屈の魂が身につく218の言葉』より)

★以下、内容の一部をご紹介します。
(この記事は経済総合(PHP Biz Online 衆知)から引用させて頂きました)

ということでした。



で、当然インターネットの情報は、ポータルサイトと
口コミサイトの両方を見ておくほうが間違いないので
こちらもお調べしております。

下記は教えてグーより拾ったものになります。





口コミではこの用にいわれているようですね。
しかし、サッカーはいいスポーツです…!



青春時代を思い出しますし、何よりやって面白く見て面白い。
最強のスポーツだと思っています!

今日もありがとうございました!


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。